高速・大容量で家でも外でも使えるWiMAXですが、いざ契約しようと思うとたくさんのプロバイダーがWiMAXを提供していることに気づきます。

これだけプロバイダーがある中から選ぶの?そもそも何が違うの?どの料金プランがあってるんだろう?

WiMAXの契約で難しいのが、何十社とあるプロバイダがそれぞれ違った料金プランで売りに出しているために、その料金プランの内訳を調べないといけません。月額料金やキャッシュバック、月額割引など比較すべき項目が多すぎます。

比較検討をしなかった結果、3万・4万の損をすることもありますし、面倒なプランを契約してしまって「こんなはずじゃなかった」なんて思うこともあるかもしれません。

そこで当サイト「なるほどWiMAX」ではWiMAXプロバイダの料金・価格などのキャンペーン情報をの調査・検証をし、さらに料金だけでは分からないWiMAXプロバイダ選びのポイントを解説。そして「いま契約すべきWiMAXプロバイダーとキャンペーン」をランキング形式で紹介していきます。

これから初めてWiMAXを契約する方も、すでに契約をしていて契約満了の更新月で再契約を検討している方も、自分にあったキャンペーンや契約プランを見つけることができるでしょう。

WiMAXの選び方

WiMAXの契約はプロバイダー選びだけではありません。契約をするときに3つの項目を選びます。

WiMAX契約時に選ぶ3つの項目
  1. 料金プラン
  2. 機種
  3. プロバイダ

過去に契約をしたことがある人でも、WiMAXの料金プランは少しづつ変わってきているので確認しておくと良いと思います。

WiMAXの2つの料金プランから選ぶ

WiMAXには2つの料金プランが用意されています。「Flatツープラス ギガ放題」と「Flat ツープラス」プランがあります。Flatツープラスをつけると長いので「ギガ放題」「通常プラン(ノーマルプラン)」なんて呼ばれていたりもします。

この2種類のプランの違いは「月間通信量の制限の有無」と「月額料金の差」です。

UQ WiMAXを運営しているUQコミュニケーションズの料金プランを例にそれぞれのプランを一覧にしました。

ギガ放題 ノーマル
料金 4380円 3696円
ハイスピードモード
の制限
上限なし 7GB
ハイスピードプラスエリアモード
の制限
7GB 7GB
契約年数 3年 3年

ご覧のとおりですが、違いはギガ放題プランが700円ほど高いぶん、月間の通信制限はありません。

考え方はスマホの料金プランと同じです。月7GB制限のあるFlatツープラスプラン(通常プラン)だと月額料金は少し安くなりますが、通信量が7GBを超えると速度が128kbpsが上限となります。これはSNSなどのテキストの送受信さえ遅く感じる速度でほぼ使い物になりません。しかもWiMAXは通信制限に関して解除する仕組みがないために7GBを超えた翌日から月末まで低速での通信となります。

WiMAXは月の通信制限がなく速度制限を気にしないですむギガ放題が人気

WiMAXのルーター一つでYoutubeなどの動画やNetflixやhuluといった映画やドラマの配信サービス、ゲームやSNSなどの通信すべてに利用することができます。月間7GBしか使えないプランと月間無制限のギガ放題プランの料金差はわずかに700円程度。コスパが高いのは月間無制限のギガ放題プランです。

例で出したUQコミュニケーションズの料金プランは高いです。実際にはプロバイダ経由でWiMAXを契約すればギガ放題プランは月額3,000円台から契約可能です。圧倒的に人気のある料金プランは「ギガ放題」プランなのでよほどの理由がない限りは「ギガ放題」を選んでおいて間違いありません。

WiMAXの機種を選ぶ

次にWiMAXを契約して実際に利用するモバイルWifiルーターを選びます。機種のおすすめは「最新機種の端末(ルーター)」を選ぶことです。

なぜかと言うと、新しい端末は古い端末よりも機能や性能がアップして販売されているから。また現在のWiMAXの契約は3年契約が基本となります。一度契約すると3年間は同じ端末を利用することになるので古い端末は避けたほうがいいでしょう。

2019年現在の最新機種は持ち運びができるモバイルwifiルータータイプだと「Speed Wifi NEXT WX05」と 「Speed Wifi NEXT W06」が最新機種になります。ですからこの2機種から選ぶのがベスト。

今回の機種はW06にやや不具合があったものの、現在はファームアップデートで修正されており、どちらを選んでもモバイルルーター端末としての問題ありません。

またプロバイダーで契約すると機種は無料で提供されるプロバイダがほとんどですから、端末購入代金の比較は必要ありません。

なるほどWiMAX一押し機種は!?

「ダウンロード速度が速いから!」という理由でW06を薦める人も多いようですが、「なるほどWiMAX管理人」がオススメしたいのはWX05!

理由はバッテリー容量が多く外出先でも長時間の利用ができるから!またWX05のほうがタッチパネル系の操作も簡単です。そもそも下り最大速度は理論値で実測値ではそれほど差がありません。外出先でもバッテリーができるだけ長持ちして長時間利用できる端末をおすすめします。

W06はWX05と比べて長時間利用できない

速度がどれだけでてもそれが短時間しか利用できないなら意味がありません。電波がしっかり届いていれば、どちらの機種を利用しようが、動画を見たり、SNSをしたりするのに困ることはありません。

問題はW06は長時間利用できない端末だということです。

モバイルWifiルーターが外出先で電源が無くなって使い物にならないとか、なんで契約したのかわかりませんから。あまりにも実測値に差があるようなら考えるところですが、現在のWiMAXの環境でこの2機種の速度差は言うほどありません。長時間利用できるWiMAXルーターを選ぶのが一番です。

自宅でしか利用しないなら

外にはどんなことがあっても持ち出すことはない!そんなあなたは据え置きタイプのホームルーターの契約をオススメします。

据え置きタイプはバッテリーではなくコンセントからの電源で動かします。そのためにバッテリーの劣化などは心配しなくてもOK。電波強度もモバイルタイプより少しは強い設計になっているので「絶対に外に持ち出すことがない」ならこちらの据え置きタイプをおすすめします。

ただし、持ち出す可能性が少しでもあるなら「モバイルルータータイプ」のWX05を契約しておくのが無難です。

WiMAXプロバイダの選び方

WiMAXのプロバイダーは20社以上もあります。たとえば、家電量販店で契約できるプロバイダーもありますし、インターネット上で契約できるプロバイダーもあります。プロバイダ選びがなぜ重要なのかというと「料金」が大きく変わってくるからです。

WiMAXの料金は「実質価格」で比較をしよう

wimaxは実質価格で比較するのがわかりやすい ギガ放題 機種 速度